知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 遺言・相続の基礎知識 » 財産管理等の委任契約書

財産管理等の委任契約書

判断能力はしっかりあるけれども、身体がきつくなってきて銀行に行ったり医療や介護サービスの手続きをするのがおっくうになってきた。こういった場合、ちょっとした支払などは家族などに頼んでも問題ないでしょうが、多額の金額の移動は気軽に頼めるものではありませんし、金融機関の手続きなどは、本人でなければできません。本人同意による委任状があればできますが、いちいち書くのは意外と大変ですし、問題も起きやすいものです。

こんなときに「財産管理等の委任契約書」を作成して、包括的な委任をすることができます。

さらに成年後見制度のところで紹介した任意後見契約書を結ぶことにより、判断能力のあるうちは委任契約で、衰えてきたら任意後見で対応し、大切な財産を守ることができるのです。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab