知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 悩んではいるけど、どうしていいかわからない

悩んではいるけど、どうしていいかわからない

2016/05/29

両親ともにまだまだ元気で、将来のことを深刻に考えているわけではないのですが、当然子どもよりも先にこの世からいなくなるので、「親なきあと」については夫婦でたまに話すこともある、という状態です。悩んではいますが非常に漠然としていて、ではいったいどうすればいいのか、ということが具体的に見えていません。「親なきあと」の問題について、親はどのように考えていけばいいのでしょうか?

A・まずは課題を整理してみましょう。やるべきことが見えてきます。

質問者の方のようなパターンは大変多いと思います。悩んではいるし、このままではいけないとも思っているけど、では何をすればいいのかよくわからない、という状況だと思います。

ご自分の親御さんが高齢になったり、認知症がすすんだとときの暮らし、在宅が難しくなったときに、住む所はどうなるのだろうとか、どのような福祉サービスがあるのだろうとかは、イメージしやすいところがあります。しかも自分が子どもなので親のことを最後まで面倒が見られます。どうやっていけばいいのかわかるのですが、子どものことになると自分がいなくなった後、どこまで誰に頼んだらいいのかわからない。自分が元気なときに、どこまで手をつけていいのかが分からないので、漠然とした不安になってくるのではないかと思います。

親なきあとの不安は、実は次の3つの課題に整理することができます。それは①お金の管理、②住むところ、③日常生活のケアです。

それぞれについて考えてみることで、親なきあとが解決するとはいきませんが、頭のなかで霧がかかっている状態から少し霧が晴れてきて、こういうことを準備すればいいのかとか、あるいは別にあせらなくてもいいんだなとか、いろいろやるべきこと、後からやってもいいこと、まあこれは考えておこうということが、みえてくるのではないか、と思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab