知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 何を準備すればいいのか

何を準備すればいいのか

2016/06/05

課題が3つに整理できるのはわかりましたが、では何をどこから手を付けていいのかわかりません。どんな準備から始めればいいでしょうか?

A・まずは家族で話し合ってみてください

まずやってみてほしいことですが、親だけではなく、本人あるいは他のごきょうだいと家族で、将来の親なきあとの生活についていろいろ話をしてほしいと思います。本人の判断能力のこともあると思いますが、可能な限りお話の場に一緒にいてほしいと思います。

ただ、ここでなにかを決めようとしなくていいです。3か月以内にこうしようとか、1年後には何をしようということではなくて、家族が共通認識をもつということが一番大切です。これが、準備のスタートだと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab