知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 社会との接点とは何でしょうか

社会との接点とは何でしょうか

2016/06/26

講演会の中で、たびたび「社会との接点を持つ」ということをおっしゃいましたが、社会との接点とは具体的にどういうことを意味しているのでしょうか?

A・子どものことを知っている人を増やしましょう

社会との接点をもつというのは、ただ知り合いを増やすというだけではなく、障害のある子どものことを話せる相手をいろいろ見つけてほしいということです。

親のことだけを知っているのではなく、子どものことを知ってもらうことで、何か困ったことがあれば相談したり、最近親の顔を見ないけど何かあったのかな、というときに子どものことまで含めたケアをしてもらったり、という関係性ができてきます。

親の会、趣味のサークル、ボランティア活動、福祉関係者、ご近所さんなど、いろいろな場で人に知ってもらい、社会との接点をいっぱいつくってほしいと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab