知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 任意後見制度の利用方法は

任意後見制度の利用方法は

2016/07/24

任意後見制度というものがあると聞きましたが、こちらの方を障害のある子に利用するということも考えられるのでしょうか?

A・判断能力がある間に、将来に向けた準備のための契約をするものです

成年後見制度には大きく分けて法定後見制度と任意後見制度があります。前者は今現在判断能力が不十分な人に、後者は将来そのようになった時に備えて、判断能力が十分ある間に契約で行うものです。

なので、障害のある子に使うのではなく、親自身の判断能力が衰えたときのために、親が誰か信頼できる任意後見人候補者と結ぶもの、とお考えください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab