知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 法人後見はどんな団体が行っている

法人後見はどんな団体が行っている

2016/10/23

障害者の成年後見を行っている法人は、どんな方たちが運営されているのでしょうか。母体になっている団体などはありますか。

A・親の会や施設の保護者などが母体

障害者支援施設や、通所施設の保護者が中心となったり、地域の親の会が母体となったりして、NPO法人や一般社団法人を設立し、法人後見を行うといった例が多いようです。

両親が亡くなって身寄りがない障害者などを、まだ元気に活動できる若い障害者の親が支援員となって後見活動を行い、将来的には次の世代に引き継いでいこう、そのような考え方で後見事業を頑張って進めていらっしゃいます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab