知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 保険信託の具体的な設定方法

保険信託の具体的な設定方法

2016/10/30

保険信託というのは、実際にはどのように申し込むのでしょうか。

A・通常の生命保険を申し込んで、保険金を信託財産として細かく設定

特別な保険商品があるわけではなく、対象となるのは通常の生命保険です。ただ、その死亡保険金の受け取り方を、信託財産として設定します。

例えば、父親が1,000万円の死亡保険を掛け、受取人を障害のある子にしたとします。その1,000万について父親の死亡後、毎月いくらずつ子どもに給付するのか、もし受取人である子どもが亡くなった時も保険金が残っていたら、その残余財産は誰もしくはどの団体に給付するか、受取人に急なお金が必要になった時、信託財産から引き出す指示をする運用指図者を誰にするか、などを細かく決めていくことになります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab