知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 公正証書遺言はどのくらいの費用がかかる

公正証書遺言はどのくらいの費用がかかる

2016/11/20

公正証書で遺言を書いた方が、確実に保管してもらえるし、無効になる心配もないと聞きます。ただしお金がかかってしまいますよね。いったいいくらぐらい必要なのでしょうか。

A・遺産の額と相続人の人数による

公正証書遺言は、遺言にしたい内容を公証人に伝え、公証人が作成します。その際、証人2名の立会いが必要となります。公正証書遺言にかかる費用は、主に公証人に対する手数料と証人に支払う報酬です。

公証人に対する手数料は、財産の価額によります。たとえば1,000万円を一人に相続させる場合17,000円、二人に3,000万円ずつを相続させる場合23,000円×2で46,000円。この金額にプラスして、遺言手数料が一律で11,000円かかります。財産の価額と相続人の数が増えるほど手数料も増えていき、3人の相続人に1億円ずつ相続させた場合で43,000×3+11,000=14万円となります。

証人は頼める知人がいれば特に費用はかかりませんが、いない場合は専門職などに依頼することになり、一人につき10,000円程度かかります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab