知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 申請時のポイントは

申請時のポイントは

2017/01/15

障害基礎年金を申請する際、しっかり年金が受給できるように認定されるためのポイントはどういったことでしょうか?

A・医師の診断書と病歴申立書が大変重要

年金申請のための必要書類はいろいろありますが、認定のポイントとなるのは、医師の書く診断書と、本人もしくは家族など本人を支援している人が記入する病歴申立書です。

診断書は、障害の現況などについて医師が記入するのですが、かかりつけの医師がいれば、本人をよく知っているので、スムーズに診断書を作成してもらえるでしょう。

病歴申立書は、本人を良く知っている人が障害の状況について書くもので、障害が分かってから申し立ての間に、いかに本人が大変な状態か、事細かに書くことで受け手側の印象も変わってくると思います。書式通りではあまり書くことはできないので、別紙をつけてなるべくたくさんの情報を伝えることをお勧めします。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab