知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 判定を厳しくされた。どうにかならないか

判定を厳しくされた。どうにかならないか

2017/01/22

障害年金の申請をしました。同じような障害の方が数年前に1級判定だったので、子どもも1級の認定だろうと思っていたら2級になってしまいました。なんとかできないものでしょうか?

A・審査請求、再審査請求といった制度があります

障害年金の申請をしても認められなかった、あるいは1級に認定されると思ったのに、2級だったという場合、そこであきらめてしまうかたも多いようです。

しかし、再度申請をすることによって、より手厚い年金を受けられる可能性があります。

地域にもよりますが、障害年金に特化して業務を行っている社会保険労務士は多くいます。こういった専門家に支払う報酬は、受けとれるようになった年金の2か月分や10%といった場合が多いようですが、もし年金がもらえたり、より多くの年金が受けとれるようになれば、長期間にわたって収入がふえますので、この費用は十分回収できますね。

現在の年金の障害等級の判定に不満があるかたは、相談してみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab