知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 障害のある子と親が一緒に住めるような施設はないでしょうか?

障害のある子と親が一緒に住めるような施設はないでしょうか?

2017/03/12

独り立ちさせなくてはいけないということは良くわかりますが、できることなら施設など支援がある場所で、親子ともどもお世話になれないかという気持ちもあります。そのような施設は無いのでしょうか?

A・富山、大分などで新しい取り組みが始まっています

富山県では共生型グループホームというものがあります。これは、高齢者と障害者が一緒に生活することを念頭に置いて、介護保険制度による高齢者施設と障害者総合支援法による障害者施設を一つの建物にまとめ、居室以外の設備の共用が可能になっているものです。現在は富山県を特区として実施されていますが、法改正の動きもあり、今後全国に広がっていくことが考えられます。

また、大分で新しく建設が予定されている有料老人ホームでは、一つの居室ユニットが2部屋セットになっていて、中の間仕切りを自由に行き来できるようなものがあります。こちらも高齢の親と障害のある子が一緒に住むことを意識して作られています。富山の例では介護保険制度のものなので、高齢の親は要介護の認定が必要ですが、こちらは有料老人ホームなので、介護認定は必要なく希望すれば入居出来ます。そのかわり費用はある程度高額になると予想されます。

こういった新しい取り組みが地方によっては始まっており、評判が良ければ全国的に広がる可能性もあります。期待したいですね。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab