知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 土地の相続について

土地の相続について

2017/08/13

きょうだいが3人いて、ひとりが重度の知的障害者です。

土地が少しあるのですが、この相続はどのようにしたらよいでしょうか。

A.重度の障害者に不動産はおすすめできません

重度の障害者の場合、もし土地なり家屋なりを相続したとしても、自分で管理するのは難しいと思われます。

将来成年後見人等が就任すると、たとえば後見人が使わない財産だとして不動産を処分しようとしても、家庭裁判所に確認をとったりなど面倒な手続きが必要になる場合があり、結局はそのまま塩漬けになってしまう、という恐れもあります。

障害者にはできるだけ現金で財産を残してやり、親なきあとに支援者側が本人のために使いやすくするのが得策だと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab