知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 類型は選べるのか

類型は選べるのか

2018/01/28

成年後見の申し立てをするとき、類型は親のほうから選択できるのでしょうか。後見ですと本人の制約が大きすぎると思うので、保佐や補助が希望です。

後見は一度つけてしまえば終身にわたり解除できない非常に重い判断なので、慎重に考えています。

A・医師の診断書によります

後見、保佐、補助の判定は、医師による診断によります。障害の程度をかかりつけ医などが判断し、後見制度の申立時に診断書を添付し、申立後に家庭裁判所が類型を審判します。

以前は類型の審判のために家庭裁判所による鑑定が行われることが多かったのですが、最近はその数はかなり少なくなっています。

家族が選択はできないのですが、あまり制度に詳しくない医師の場合とりあえず後見類型にしてしまうという例も聞くので、診断書を書く医師に対して本人のできることを伝えるなど、それとなく希望をお話ししてもかまわないと思います。ただし最終的な判断はあくまで家庭裁判所になります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab