知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 「親なきあと」問題の歴史⑤~在宅施策もスタートするが…

「親なきあと」問題の歴史⑤~在宅施策もスタートするが…

2014/06/21

施設が新設されていく一方で、在宅の障害児に対する施策も開始されました。それが1970年に発足した「心身障害児家庭奉仕員事業」です。ただしこの家庭奉仕員は、1日に2家庭を訪問するという内容で、そこでどんな役割を担うのかが明確になっていませんでした。その後1974年には中央児童福祉審議会が出した答申の中で、在宅対策の強化及び在宅対策と施設対策の関係の強化がうたわれましたが、これは入所施設待機者への応急処置的な色合いのものでした。

この在宅福祉の考え方は、障害者が地域で生活するというノーマライゼーションの思想というよりも、オイルショック後に政府によって出された「福祉見直し論」の影響を受けたものと考えられます。すなわち、お金が足りなくて行政で面倒をみきれないから自助努力と相互扶助努力で何とかしてちょうだい、ということです。この状況はその後の障害者自立支援法の時にも露骨に繰り返されることになります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab