知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 障害? 障がい? 障碍? ①

障害? 障がい? 障碍? ①

2014/10/05

このサイトでは「障害」という表記を使用しています。この表記について、もしかしたら不快感を持たれる方もいらしたかもしれません。なぜ「障がい」としないのかと。

この表記の問題については、歴史的には「障碍」が正しいのに当用漢字から「碍」がもれたため「害」が使われたと言われています。ただし実際にはもっと以前、大正期には「障害」のほうが一般的に使われていた、とのことです。ちなみに「碍」とは「さしつかえる」という意味で、「障」とほぼ同じ意味ですね。

そして「障害」の「害」という文字に関しては負のイメージがある、障害者は「害」になる存在なのか、という差別意識を植え付ける、等々の議論があり、今ではかなりの数のメディアや企業、自治体が「障がい」という表記を使用しています。内閣府の中に「障害」の表記に関して検討する作業チームが作られたこともありました。そこでは明確な結論は出ませんでしたが。

(この項続く)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab