知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 65歳の壁とは①

65歳の壁とは①

2014/10/26

障害者が65歳になると障害福祉が打ち切られてしまう! そんな衝撃的な調査結果がきょうされんから発表されました。

前提として、現在の福祉制度についてご説明します。65歳以上の障害者と40歳以上の特定疾病該当者は、自立支援給付(ホームヘルプなど)については、原則として障害福祉よりも介護保険を優先することが障害者総合支援法によって定められています。ただしこれでは障害福祉の支援が制約されてしまうため、厚労省は自治体に対して「一律に介護保険サービスを優先とはしない」と通知していました。つまり、介護保険制度の優先を原則としながらも、障害福祉の支給が適切な場合は自立支援給付を適用、もしくは両制度の併用が可能となるはずです。

ところが実態は、この通知内容の対応が自治体によって差があり、住んでいる市町村によって福祉や介護の選択・利用に格差が生じているとのことです。

(この項続く)

1 件のコメント »

  1. 来年65歳になり、今の施設を出ないといけません。アパートは無理だし、介護施設は待機だし、車椅子生活者は住むところを探すのが難問です。今からいろいろな方面でアタックしています。

    コメント by 新城幸三、しんじょうこうぞう — 2015 年 6 月 6 日 @ 11:28 AM

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab