知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 船橋市・PACガーディアンズ③

船橋市・PACガーディアンズ③

2015/07/05

こちらの法人の課題もいろいろあるようですが、

後見業務の担い手の不足が大きいようです。

後見等の数は自然体で増えている中で、

担当者によっては多い人で10件、しかも月1回は最低会っているので、

物理的にかなり多忙です。

被後見人も、ご本人のタイプによって、知的ならではの難しさもあり、

月1回ではすまないことも多く、

そうなるとほぼ毎日後見業務で外出するような状況ですね。

現在後見業務を担当する人を養成する講座を、年に1回行っていて、

30人から40人受講しているとのこと。

そのうち、登録まで行くのは半分くらい、全員受任するところまではいかない。

意思決定支援という、PACの理念を理解してくれないとなかなかできないということです。

正直、保佐、補助より、何でもできる後見のほうが受任する側はラクですからね。

市の委託事業も行い、

後見案件も多いので、

法人としては安定して回っている印象です。

ニーズに応えられる担い手をいかに確保するかが大きいテーマだなと感じました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab