知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 法人後見について①

法人後見について①

2015/08/23

今回からしばらくの間、最近研究している法人後見について書いていきます。

法人後見とは、社会福祉法人やNPO、社団法人、株式会社などの法人が、後見人となるものです。

民法では、成年後見人は個人とは限っていません。法人が成年後見人となるケースも想定しています。現実に平成251年間では、約5%にあたる1,500件が法人による後見となっています。そのうち560件が社会福祉協議会となっていますので、残りの1,000件弱がその他の法人による後見です。

法人後見のメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

・後見業務を長期間継続できる

・組織の中に情報共有ができ、担当者の交代の必要が生じたときに対応できる

・困難事例に、複数の人間によるチーム対応ができる

・地域のネットワークの活用や連携が行いやすい

もちろん、いいことばかりではありません。担当者が交代できることやチームとして後見業務を行うということは、被後見人からすると顔が見えにくい、また責任の所在があいまいになるということもあり得ます。また、個人の後見人であれば何か問題が起きたときに一人の判断で迅速に動けますが、チームで対応というときに意思決定が遅くなるという恐れもあれます。

そういったマイナス部分を差し引いても、若い障害者の後見をする場合法人後見は大きなメリットがあると思います。以下に、それぞれについて詳しくご紹介していきたいと思います。

(この項続く)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab