知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 法人後見について⑤

法人後見について⑤

2015/09/20

親族との複数後見

後見業務のすべてを法人に委託するのではなく、最初は親などの親族と法人との複数後見ということも考えられます。親族が身上監護、法人が財産管理を主に担当しながら、徐々に法人の役割を増やしていき、親族が健康面の不安などで後見を続けるのが難しくなったタイミングで単独の法人後見に変更する、というやり方です。いきなりの環境の変化ではなく、徐々に後見業務を移していくことで、スムーズに後見を開始し長期的に継続することを目指します。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab