知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 年金制度の基本

年金制度の基本

2015/10/11

まず、日本の年金制度はどういった構造になっているかを知っておきましょう。

日本の年金制度は法改正などを経ていることもあり大変複雑です。ここではそれらを細かく解説するのが目的ではありませんので、非常にざっくりとした全体像だけ知っていただこうと思います。

よく言われるように、公的年金の仕組みは2階建てになっており、1階建て部分は国民年金(基礎年金)で、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入。2階建て部分は厚生年金で会社などに勤務している原則65歳未満の人が加入します(図①参照)

つまり、国民年金(基礎年金)のみもらえる人と、2階建て部分(厚生年金)と国民年金の両方をもらえる人がいる、ということです。

これらは老齢年金という形で給付されます。加入中の現役世代に納付して、高齢になったら給付される、というのが一般的な年金の形です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab