知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » 障害基礎年金を受給する条件

障害基礎年金を受給する条件

2015/10/18

では、障害のある人がもらえる年金はどうなっているでしょうか。

年金は高齢になったら給付されるのが一般的ですが、障害のある方の場合は、以下の3つの条件をクリアしていることにより、障害基礎年金を受け取ることができます。

条件その1 初診日要件

被保険者または60歳以上65歳未満で被保険者だった人が、病気やケガで障害を負い、この期間内にその原因となる病気やケガについて初めて医師の診察を受けた日(初診日)がある場合。

条件その2 保険料納付期間

原則として20歳から初診月の前々月までに納付期間と免除期間が2/3以上ある場合。つまり、滞納期間が1/3を超える場合は受給できません。

条件その3 障害状態要件

障害認定日に障害の状態が年金制度で定められた1級と2級に当てはまる場合。障害認定日とは、初診日から16か月経過した日または期間内に、その状態が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日のことです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab