知的障害者の子をもつ親御さんの安心のために「親なきあと」を一緒に考えます。お子さんが地域で安心して生活し続けるためのアドバイスを。

HOME » 業務日誌 » ⑤生活保護への移行防止

⑤生活保護への移行防止

2016/02/21

ここまで紹介してきた負担軽減策を講じても、自己負担や食費などの実費を負担することにより、生活保護の対象となる場合は、対象とならない額まで自己負担上限の月額や食費等実費負担額を引き下げます。

障害者本人の世帯については、年金収入のみであったり就労の収入も少なかったりで、経済的に厳しいことが多くなっています。それによって自己負担が必要な福祉サービスを受けられなくなることを防ぐために、さまざまな対応策がとられています。
なおこれらの配慮措置以外に、住んでいる地域によって、さまざまな独自の手当や助成金などがあります。ぜひお住まいの行政の窓口に確認してください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

渡部行政書士事務所
代表者 行政書士 渡部伸
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-24-9-508
TEL:080-9380-3377
FAX:03-3749-2686
MAIL:info@oyanakiato.com
営業時間 9時~18時 休日・土曜、日曜、祝日
メール相談は24時間受付 

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab